ワキが茶色い

脱毛で出来る黒ずみと改善方法

脱毛を行うことによって肌は大きなダメージを受けます。

 

そして繰り返されることで色素沈着を起こします。

 

これが、ワキの黒ずみの原因なのです。

 

皮膚は外部からの刺激を感じると、内部に信号を送りメラニンという物質を排出します。

 

このメラニンは皮膚を守る働きをしますが、メラニンの量が増え過ぎると余って蓄積されます。そして、シミやくすみといった肌トラブルを引き起こします。

 

脱毛の回数が多ければ多いほど、このくすみや黒ずみは増えていくのです。

 

このような肌トラブルを起こさないためには、ワキ脱毛の方法を見直す必要があります。

 

一番のポイントは、セルフ脱毛は避けること!

 

やはり、自分で行う脱毛にはデメリットが大きいでしょう。安くて簡単に行えるセルフ脱毛ですが、落とし穴が存在します。

 

必要以上に肌を傷つけていたり、アフターケアが不十分だったり…

 

脱毛は、専門のエステサロンなどを利用することをオススメします。

 

肌へのダメージを最小限にでき、アフターケアもしっかり行うことが良いでしょう。

 

でも時間もないしお金もない…とセルフ脱毛を行う場合には、脱毛後の肌ケアを充分に行って下さい。

 

肌はダメージを受け炎症している状態です。刺激の強い化粧水やクリームは避けましょう。

 

強く擦らず、優しく保湿してください。

 

そして、刃の形状や枚数にも気をつけましょう。

 

安いからといって適当なカミソリはNGです。ワキ専用のカミソリを使用しましょう。

 

剃る時は、力を入れず優しく撫でるように生え方向に向かって剃りましょう。

 

このようなことに少し気をつけるだけで、ワキのくすみや黒ずみを防ぐことができると思います。