黒ずみの原因はメラニンが関係していた

メラニンを抑えれば黒ずみは無くなる

多くの女性を悩ませている毛穴の黒ずみ。ケアを徹底しても気付けばまた増えている…

 

そこで今回は、黒ずみ対策で欠かせない「メラニン」についてお話します。

 

メラニンとは、人や動物の体の中で形成される「色素」の事を言います。(俗にメラニン色素という)

 

皮膚や毛髪にある色素細胞(メラノサイト)で作られています。

 

このメラニン色素は、人によって異なっています。同じ人種の人間にも個人差があります。

 

肌の色が黒い人、白い人、黄色い人そして毛髪にも色の差が出てきます。

 

ちなみに白髪が生える原因には、老化によってメラニンを作り出す細胞の衰えが関係しているという一説があります。

 

このように、私たちは生まれながらに自分のメラニン色素を持ち合わせているのです。

 

そして、ここからが本題です!このメラニン色素は、紫外線から肌を守ってくれる働きと、シミや黒ずみを作ってしまう働きの2つを持ちあわせているのです。

 

肌が紫外線の刺激を受けた時、メラニンは作り出されます。そして作り出されたメラニンによって肌を保護するバリア機能が働きます。そのおかげで、水ぶくれやヤケドを引き起こさず、皮膚癌なども未然に防いでくれるのです。

 

しかし、紫外線を浴び続け過剰にメラニンが作られてしまった場合、多量のメラニンが色素沈着を起こし「シミ」や「黒ずみ」を作り出してしまう働きもあるのです。

 

黒ずみなどの肌トラブルを防ぐ為には、メラニンの生成を抑えることが重要です。

 

メラニンを抑える為にできることは「紫外線から肌を守る」そして、作られてしまったメラニンを減らすためには「アルブチン」「ビタミンC誘導体」などの美容成分・美白成分を補う事が効果的です。